むし歯

むし歯になったら悪化する前に治療を

治療 むし歯は、初期の段階ではほとんど痛みがありません。「食べるときに痛む」「食べ物がしみる」「何もしなくてもズキズキする」というはっきりとした症状がでてきたときには、すでにかなり進行しているケースがほとんどです。

 むし歯は痛みだけでなく、ストレスにも繫がり、治療が長引けば経済的にも時間的にも負担になります。「また今度」「もう少しあとで」と考えず、早めに治療することが大切です。

当院のなるべく痛くない治療

レーザー治療

レーザー 削らない虫歯治療を可能にする、健康な歯質を傷つけずに虫歯菌のみを蒸散させる殺菌効果のある「歯科用レーザー(エルビウムヤグレーザー)」を使用しています。

表面麻酔

 多くの患者様が、最初に嫌がるのは麻酔注射の痛みです。治療をおこなう前から痛みを感じてしまうと、その先は苦痛でしかありません。麻酔注射の痛みをなくすために、歯肉に塗るゲル状の「表面麻酔」を使用しています。表面麻酔は、「むし歯治療=痛い」の原因を取り除きます。

 

 

電動麻酔等

 急激に麻酔液を注入することで細胞が膨張する、これが痛みの原因です。ゆっくりと時間をかけて麻酔液を注入していけば、痛みはグッと軽減されます。当院では「電動麻酔注射」を導入しています。一定の速度を保ちながらゆっくりと麻酔液を注入していくので、痛みは最小限に抑えられます。治療のケースによっては、手動の方が良い場合もあるので、当院では「電動麻酔注射」「手動」を併用し、患者様の状態に合わせてベストな方を使用しています。

 

 

極細の針(33G)

 針が小さければ小さいほど、痛みは少なくなります。当院では現在発売されている針のなかでも一番極細の針(33G)を使用しています。極細針はソフトに注射することを可能にするので、痛みが軽減されます。

 

 

 

 

当院のなるべく削らない治療

レーザー治療

 むし歯の治療はタービンでむし歯組織を削って取り除いていきます。その際にレーザーを使用することで、健康な歯質に影響を及ぼすことなく、水分の多いむし歯組織だけを除去できます。当院では、元の歯組織、健康な歯質部分をまったく傷つけることなく、むし歯組織だけの除去が可能なEr-YAG(ヤグレーザー)を使用し、なるべく削らない治療を目指しています。

 

 

拡大ミラー

 歯を削る量を最小限に抑えるためには、治療部位がしっかり確認できることが大切です。歯の治療はとても繊細。ミクロン単位での治療精度が求められます。当院の治療は肉眼ではなく、高倍率拡大鏡といわれる「視野拡大機器」、いわゆる拡大ミラーを使用しています。「可視化」した状態で治療を行うことで、歯を削る量を最小限にとどめます。

 

 

 

 

5倍速エンジン

 歯を削る量を少なくするために「5倍速コントラ」を使用しています。回転数が少ないので、削る際の「ブレ」を抑えることができ、削る必要のある部分のみをしっかりと削ることができます。通常の「タービン」より音が静かなので、痛みをイメージするあの独特「キーン」音がないので、患者様からも好評です。

機器だけで削る作業を終わりにしません。むし歯は手の感触で確認しながら削っていくことも大切です。ドリルである程度削ったあとには、「スプーンエキスカベーター」を使用し、手の感触でむし歯に感染した部分をしっかりと見極めていきます。感染部分をしっかりと丁寧に除去していきます。健康な歯を可能な限り残す、必要以上に削らない、これが当院のこだわりです。

当院のなるべく抜かない治療

ファイバーコアを積極的に採用(歯根破折予防のため

 神経まで侵されている大きく深いむし歯の場合には、まず神経を取る治療をします。そして、歯根部を補強する土台(ファイバーコア)を立てて被せ物をしていきます。歯の治療はどうしても目に見える歯冠部分に目が行きがちですが、治療後のお口全体の健康維持を考えると、神経の治療や土台の治療といった見えない部分の治療が重要なポイントになります。

①ファイバーコア(樹脂製の土台)

 これまで土台(コア)の素材は金属が主流でした。近年はしなりのあるグラスファイバーで強化した樹脂素材、ファイバーコアが登場しています。グラスファイバーは象牙質に近い弾性で、歯にかかる負担を大幅に軽減します。金属の土台(コア)が抱えていた問題を大きく解決し、治療後の歯の維持に良い結果を出しています。

 

当院では、歯根破折予防のため、ファイバーコアを積極的に使用しています。

 

CT

 従来のレントゲン診断では、画像情報は平面的なものなので、根っこの数・形・長さがわかりにくいという問題がありました。画像に映らない部分もあるため、病巣を見逃してしまうケースも少なくありませんでした。

 当院では高精度の歯科用CTを採用し、3次元的な診断をおこなっています。CTの導入により、情報量は増加し、診断の正確性も10倍以上になるというメリットが。根っこの数・形・長さを正確に測定できるのはもちろんのこと、神経や根の周りの病巣を見落とすことなくしっかりと観察することが可能です。今までのレントゲン診断では分からなかった、骨が溶けている様子などまで確認することができるようになりました。