歯周病・予防歯科

日本人の80%が歯周病です

痛い この数字に驚かれる方も多いと思います。
 なんと日本人成人の約80%の方が、何かしらの歯周病を患っていると言われています。初期の段階では痛みも少なく、自覚症状も出にくいので気づかずに放置してしまうケースもしばしば。「毎日歯を磨いているから大丈夫」「痛みを感じないから問題ない」と安心してはいけません。定期的に歯科検診を受けることで、早期発見・早期治療に繫がります。症状が進行してからの治療は、痛みもストレスも時間も経費もかかります。定期的なメインテナンスをすることで、あらゆる面での負担を軽減できます。

歯周病が与える全身への悪影響

 初期の段階では痛みを伴わない歯周病も、重症になると歯が抜け落ちてしまうこともあります。その影響はお口の中に留まらず、さまざまな全身疾患と深い関係があると言われています。

心臓病や脳梗塞

 歯周病菌が欠陥に入り込むと血栓ができやすくなります。心筋梗塞、狭心症などの心臓の病気のほか、動脈硬化や脳梗塞を招くこともあります。

 

 

誤嚥性肺炎

 唾液に含まれている歯周病菌が、気管から肺に入り込むことで肺炎を引き起こすことがあります。飲み込む力が弱い高齢者に多く見られる肺炎です。

 

 

 

糖尿病

 歯周病と糖尿病には深い相互関係が見られます。それぞれの症状の悪化を誘発することが報告されています。

 

 

 

 

 

早産

 歯周病菌は子宮の筋肉に影響を与えることがあります。そのため、早産や低体重児出産を引き起こす危険性を高めるといわれています。

 

 

 

 

リウマチ

 歯周病菌の持つ酵素(シトルリン化変換酵素)は、リウマチが進行すると言われれています。逆にリウマチのある方は歯周病が更に進行するという双方向の関係性にあります。

 

 

 

歯磨きだけではむし歯・歯周病は予防できません

歯ブラシ 歯医者さんでの治療が終わると、「3〜6ヶ月に1回はメンテナンスに来てください! 」と言われます。
 治療が終了してこれで通院しなくてすむと思ったのに「なぜ? 」と思った方も多いのではないでしょうか。
 ずばり! 歯の健康をキープするためには、毎日の歯磨きだけでは不十分なのです。

 歯磨きをしていれば、歯は健康に保てると思っていませんか? 歯磨きの習慣はとても大切なことです。しかし、それだけではむし歯や歯周病の予防ができないのも事実なのです。その理由は「バイオフィルム」。歯磨きでは除去できない強力な汚れです。バイオフィルムは、むし歯菌、歯周病菌に直接攻撃を加えることができない、いわばバリアのようなもの。このバリアを突破しないと、むし歯菌、歯周病菌は退治できません。強力なバリアであるバイオフィルムを除去するために、プロによる機械を用いた歯のクリーニングが必要になります。これが「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleanig)」です。

 PMTCにより、頑固な汚れであるバイオフィルムや歯石、さらに歯の着色汚れも除去することができ、歯に自然な白さを取り戻します。歯はツルツルになり、お口の中もサッパリするので、プロによる定期的なクリーニングはとても重要です。柔らかい特殊な器具を使用するので、痛みもないので安心です。

当院の予防歯科の特徴

 当院の予防歯科は、「カウンセリングの徹底」「歯科衛生士によるプロケア」「最新機器とこだわりの道具」の3つの体制で行っています。

カウンセリングの徹底

カウンセリング

 どのような治療においてもまずは、患者様のお話を聞くことが大切です。患者様のご意向をお聞きした上で、プロとしての見解をお伝えしています。当院では、お口の状態を分かりやすく表現した資料の提供をしています。

 「分かりやすい説明」に必要な情報を、専門ソフトに流し込むことで、どんな患者様にも分かりやすい資料を作成できます。患者様の現在のお口の状態をしっかりと見ていただき、把握していただきます。すべての不安、疑問点を取り除くためにとても役立つ資料です。

歯科衛生士によるプロケア

 当院では、歯科衛生士のプロケアを徹底しています。患者様の状況に合わせたケアを提案し、治療を行うことでリラックスした状態で診療を行っていきます。

 コミュニケーションを楽しみながら、お口の健康維持に繋げていくことを心がけています。長くおつきあい頂いた中で得た情報、変化をもとに、これから先も歯の健康をキープしていただくためのサポートにつとめます。

最新機器とこだわりの道具

 常にベストな治療を提供するためには、最新機器とこだわりの道具が欠かせません。

レーザー

レーザー 治療時間を大幅に短縮してくれるのがレーザーです。水分を蒸発させ、水分を多く含む歯石を瞬時に光分解していきます。また、レーザーを使うことで、従来の治療方法では届きづらかった深いポケットや複雑な携帯のポケットにも到達が可能になり、治療効果が格段に高まります。

 当院では、症状や使用用途に応じて、2種類のレーザーを完備しております。

Er-YAGレーザーについてはこちらをクリック!

CO2レーザーについてはこちらをクリック!

こだわりの器具

 治療時の痛みをなくすことを可能にする道具にもこだわっています。患者様のお口の中の状態、治療箇所に合わせて、利用する道具を変えています。

 適切な道具を使用することで、効果的に歯石等の除去が可能になります。

殺菌水

エピオス むし歯や歯周病の原因は「細菌」です。つまり、細菌にしっかりアプローチできれば良い治療結果に繫がります。当院では、細菌やウイルスに対して強い殺菌力をもつ「エピオスウォーター」を使用しています。治療時に効果的に口腔内の除菌を行うことのできる殺菌水です。

エピオスシステムのメリット

ほとんどの最近、ウイルスを殺菌、不活性化できる

うがいや手洗いだけでなく、治療器具の洗浄にも使用できるので、患者様に安心の治療を提供できる

エピオスシステムについて詳しくはこちらをクリック!

予防歯科メニュー

 予防歯科は適切なブラッシングと、ホームケアが大切です。

歯科衛生士による適切なブラッシング指導

 さまざまな歯ブラシが登場していますが、歯ブラシの種類では清掃効果はほとんど変わらないといわれています。つまり、大切なのは適切なブラッシングのテクニックです。当院では、歯科衛生士による虫歯・歯周病予防のための適切なブラッシング方法をお伝えしています。「バス法」「フォーンズ法」「縦磨き」「フロスや歯間ブラシの使い方」など細かく指導しています。
 歯磨きは、ただ磨けばよいというものではありません。目的は「磨くこと」ではなく「汚れを落とすこと」です。当院ではPRC(プラークコントロールレコード)を採用しています。プラークコントロールができているかどうかをチェックするために「染め出し」を使用しています。
 予防歯科で大切なのは、「歯科医院でのクリーニング」と「ご自宅のセルフケア」の2本立てです。どちらかひとつでは意味がありません。プロ似よる適切なブラッシング指導、さらに、歯間ブラシ、デンタルフロスなどの正しい使い方もしっかりとお伝えしていきます。

お自宅でのケアにPOICウォーターを

 当院でおすすめしているホームケアの方法は、毎日の食後や就寝前、または気になったときに「POICウォーターで10秒以上うがいをする」ことです。POICウォーターは、ほとんどの細菌、カビ、ウイルスを殺菌することができます。当院では治療前にPOICウォーターでお口の中を殺菌消毒してから治療を行っています。お口の中の細菌を除菌消毒し、口臭の発生、プラークの形成の抑制、歯周病やむし歯の予防に効果的なので、治療後のホームケアにおすすめです。
 POICウォーターは、塩素系のプールのような臭い、味がすると苦手意識を持たれがちですが、実は薬品は一切使用していないので身体にはまったく害がありません。安心・安全なものなので、慣れるまで頑張って使用してみましょう。口内、歯の表面の汚れが多いとき、初めての使用のときには、臭いがきつく感じますが、キレイになるほど薄れていきます。入れ歯の洗浄にもお使いいただけます。小さなお子様からご年配の方まで、どなたにも安心してご使用いただけます。

定期健診の大切さ

 歯科医院へ定期健診に通っている人と通っていない人を比較したデータによると、定期健診に通っている人と、通っていない人では80歳のときに残っている歯の本数に大きく違いが出るそうです。定期健診に通っている人は、15.7本、通っていない人は6.8本しか残っていない。つまり、その差は8.9本にもなるのです。
 80歳になったときに残っている歯の本数の違いは、歯科医院での定期的なお口のメインテナンスを行なってきたかどうかということ。予防するために歯科医院に行くという意識の違いも要因とされています。